コストか投資か

標準

自分を使ってもらうということが、相手にとっては

 

単なるコストになるのか。

初期は投資でも、短期間で回収可能か。

 

判断は相手に委ねられるわけですが、とにかく

相手のコストになってしまわない自分を作ること、ですね。

竜泉洞

標準

岩手県の鍾乳洞、竜泉洞が復旧し、19日から公開を再開するそうです。

 

そもそも鍾乳洞に興味を持つようになったきっかけは、子供の頃に連れて行ってもらった福島県のあぶくま洞。

「なんか変な形の白い岩がいっぱいあって面白い!」

と思いました。そういえば、お土産コーナーには鉱物標本とか綺麗な石セットが売っていたりしたので、そこが鉱物との出会いの場でもあったかもしれません。地球形成以来、長い年月を経てできたもの、という共通点がありますね。

山口県の秋芳洞と高知県の龍河洞、そしてこの竜泉洞が「日本三大鍾乳洞」と言われているそうです。秋芳洞と龍河洞には行きました。夏、鍾乳洞の中はひんやりとして、避暑にはもってこい。半袖では寒いので、羽織り物は必須です。ただし、湿気がすごいです。

残るは竜泉洞!と思っていたのに、昨年、台風で甚大な被害を受けたとのことだったので、しばらく無理かと思っていたのですが、1年以内に再公開できるとのこと、本当に良かった。

竜泉洞の内部には青く美しい湖があるそうなので、是非、見てみたいと思っています。

ようやく

標準

開業届と青色申告承認申請書を出しました。これで、今年度から青色申告ができます。

書類を出すまで、

  • 屋号はどうしよう?
  • 扶養から外れたらややこしいんじゃない?
  • そもそも、そんなに稼げるわけ?
  • それに、帳簿はちゃんとつけられるの?

など、色々とネガティブな言い訳が浮かんでいました。あー、もう、ほんとにチキンな私。

でも、

  • 屋号は、とりあえず名刺作成時に考えたもので行ってみよう!
  • 扶養から外れたら、そのときに考えればいい!
  • 稼げるようになるべく、今を過ごしてるわけだし!
  • 帳簿はクラウド会計ソフトを使うとラクにできるぞ!

ということで、どのみち毎年確定申告はしてるんだから出しとかないと損!と、ようやく提出して参りました。

一応、書類はダウンロードして分かる部分だけ記入しておき、税務署の窓口で「分からない点を聞きながら書類作成したい」と言うと、別窓口に案内され、担当の人に聞きながら書類作成してコピーして受付印をもらって、提出することが出来ました。

 

2017年も すでに2ヶ月半が過ぎてしまいました。青色申告にしてよかった、と思えるようになるべく、行動してかないと。

アンチモニー

標準

という言葉が2月28日付の日経新聞朝刊に載っていました。

 

え?アンチモニー??

アンチモンのことかな?

 

と調べると、やはり

antimony アンチモン

のことでした。

 

英語読みからアンチモニーと表記することもあるのですね。知らなかった…

 

ざっとググった限りでは、日経新聞で価格のことを記述する際にアンチモニーと書かれている気がしますね。アンチモン+日本経済新聞でも記事がヒットするので、両方の表記がありそうです。

 

 

記事は、アンチモンの国際価格が上昇したというものでした。価格上昇は、中国での規制強化により供給が減るだろうという予測から、売値を上げていることが原因のようです。

アンチモン化合物の三酸化アンチモンは、ハロゲン系の難燃剤と組み合わせることで高い難燃性をもつ材料が作れるのが大きな特徴のようですが、一方でこの三酸化アンチモンの粉体は、吸い込むと毒性があるようです。このため、規制対象になるようですね。日本精鉱という、アンチモン化合物の会社のウェブサイトに情報がありました。

願望

標準

まだ応募してないのに、トライアルが障壁に思え、

トンネル効果を期待したくなる今日この頃。

(いやいや、そんなレベルでは突破したところで仕事こないでしょ〜)

 

 

 

年度末の行事があったり、引っ越す友人の歓送会があったり、来客予定があったりと、プライベートな行事が目白押しなせいで、落ち着きません。しかも花粉症もあるので、この時期はどうしてもペースがゆっくりになります。

 

こんな時は、小さなことでもリスト化してチェックしていくに限りますね。

「トイレットペーパー購入」「客布団確認」「来客時の夕飯メニュー考える」「連れて行く場所をピックアップ」などなど。

結構浮かんできた。よし。