テクニカルライティング

標準

英文のテクニカルライティング。考えてみたら、ほぼ独学でしてきました。

きっかけは若い頃にしていた社内翻訳。社内にあった過去訳にはただの置換が多く、英文だけでみたら意味わからないんじゃないか?というのを多数、目にしたこと。

学生の時、2週間に一度、研究室でやってる研究に関する(と思われる)論文を紹介しなきゃいけなかったので、乏しいキーワードからたぐり寄せながらも、様々な論文を読んでいたためか、社内にある英文に対して「なんかヘン」って思ったんですよね。

とはいえ、指導してくれる人もおらず、悶々としながらも、技術内容を社員さんに確認して英文を作製する日々でした。今は改善されてるのかな〜。

そんな中、東京に行く機会があり、八重洲ブックセンターに行って見つけた、この本。McGrow-Hill社の本です。分厚くて辞書みたいな本です。今となっては古い本ですけどね。

Huckin and Olsen, “Technical Writing and Professional Communication for Nonnative Speakers of English International Edition”

当時はとにかく

「技術英語って、ほんとうはどんなふうに書くものなのだろう??」

という疑問が大きかったので、見つけたときには「ここに答えがあるかも!」とうれしくて、えいっと買って帰りました。

それだけワクワクで買ってきたくせに、正直、全部は読んでません。その時々で必要なところを拾い読みする感じ。それでも、だんだんと技術英語というものが分かってきましたよ。なにより、体裁が綺麗。

そのほか、工業英検の対策本も読んだし、理工学系むけの文法書も二冊くらい、これは演習問題もきっちり解きながら読んだし。

工業英検1級の対策講座には通いましたが、それは今まで独学でしてきたことの確認、という感じで、そこで新たにテクニカルライティングの知識が得られたわけではありませんでした。

 

さて、現在、特許翻訳の勉強として、英訳の方に挑戦しておりますが、あのテクニカルライティングの知識はここで活かせるものなんだな、と、ヒシヒシと感じております。言葉だけじゃなく、論理性を浮かび上がらせるのに、テクニカルライティングの知識が必要なんですね。

英検みたいにボキャブラリーが必要な訳じゃなく、一つ一つの言葉の意味、使い方を深く知っておく必要も感じてます。いやー、これ、単純に言えばすごく面倒くさい作業だと思いますけど、必要性を感じると、せざるを得ない。うん、ほんとに、せざるを得ない。

さ、頑張ろうっと。

図面って、どない描くねん!

標準

本のタイトルです。

一年ちょっと前、機械分野の翻訳をやろうかな、と思っていたときに購入した本なんですが、先日ぱらぱらとみていたら、投影法のところに

  • 第三角法 日本、アメリカ、カナダ、韓国など
  • 第一角法 ドイツ、イギリス、フランス、中国など

と書いてありました。使う投影法が国によって違うなんて、考えたこともなかった。

学生の頃、教授にある実験装置の図面を作るようにいわれ、とりあえず実物を計測しながら描いてみたら(もちろん、何十年前の話なんで手描きです)けちょんけちょんにけなされ、「図面はね、第三角法で描くんだよ」と言われて製図の本を渡され、また必死で描いて工場に持って行って物を作ってもらった、という過去があるので、「第三角法」の言葉だけは頭に染みついていたのですが。

では第二角法は?他は?と思ったら、第一角法から第四角法まであるんですね。

ただ、第二角法と第四角法は、投影して面を回転させると図が重なってしまうことから、実用的ではないと。

そうだったんですね〜。こういうのが「図学」なのか。

ISO規格からJIS規格を作るとか(JIS規格にはよく「これはISO●■▲を翻訳し…」って書いてありますよね)そういうときは、図面もJIS用の第三角法に直さないといけない場合があるってことですね。そして文章も図面と矛盾のないように、方向に気をつけないとならないわけですね。なるほど。

いろいろ変わる

標準

「工業英検」のサイトをみたら、来年度から工業英検1級の面接がなくなるとのこと。問題も変わるみたいですね。

私にとっては、面接は自分を振り返るきっかけになりましたし、翻訳や技術英語に関わる方の意見が聞ける貴重な体験でもありましたので、ちょっと残念ですけどね。

面接は手間がかかるから、仕方ないのかな〜。

ちなみに、一次試験は、短時間でがっとやる「馬力」が試される試験だと思います。

 

outstanding

標準

outstandingと聞くと、理系頭の私には

「優れた、突出した、」

というイメージしかなかったのですが、辞書を引いたら

「未処理の、未払いの、未解決の」

という意味もあるんですね。

なんか、ピッと飛びだして、宙ぶらりんになってるイメージ。

すーがく

標準

「なぜ?どうして?をとことん考える高校数学」、持っております。「ワナにはまらない微分積分」というのも。履歴を見ると2年前に注文したようです。自分の中で数学ブームだったのかな。

息子もいるし、と思って買いました。息子、1年くらい前に読んだようで「微積わかった!」と申しておりました。

でも演習しないと点数は上がらんということは理解できていない模様。アホや〜。

さて、私は高校数学は苦手でしたが、躓いた原因は、数学界の言葉がよく分からなかったから。とにかく、言葉が漢字熟語で見てもぴんとこなくて、演習にも力が入らなかったのかも。

分かるようになったきっかけは、カーンアカデミーで数学の動画を見たこと。(今考えると、ちょっとした教育シミュレーションソフトの翻訳の仕事をするのに、参考として見たんだった!)

それで「はっ、因数ってfactor、要素って意味か!」と気づき、それなら因数分解の意味がわかる!と思ったのです。文字式の計算はsimplifyとか。確かに、結果はより単純な形になりますものね。

それで、近所のママ友とやってた英語の勉強会の時に、5回くらい、「英語で数学」と称して、小中学校レベルの文章題を取り上げて、みんなで解きつつ、英語の表現を見る、ということをしたんですよね。面白かったですよ。そのときはpurple mathというサイトを参考にしました。

このとき思ったのですが、二つの言語を行き来するうち、言葉の意味が明確になってくるのですね。

そういう意味で、翻訳者がコンテンツ提供者になれるというのは、すごく腑に落ちます。

でも私は、まず「翻訳で稼ぐ」のを頑張らないと〜。