あなたの名前は

標準

hydrogenosulfate って、手持ちの辞書にない…

「硫酸水素塩」hydrogen sulfate または hydrogensulfate のことだととらえて良さそうなのですが。

以前調べた、つなぎの「-o-」が入ってる感じかな?

 

つなぎの「-o-」は

  • 本来ギリシャ語合成語の連結辞であったが、今では広く科学用語その他に用いる(研究社大辞典)

ということでした。

 

hydrogen-o- となっているものを探してみたら、研究社『新英和大辞典 第6版』の hydrogenolysis の項には

〖⦅1931⦆ ՟ HYDROGEN+―O―+―LYSIS〗

という説明書きがありました。

 

さて、hydrogenの部分ですが、小学館『ランダムハウス英和大辞典(第2版)』によると、

  • hydro-の部分はギリシャ語 hỳdōr 水 から、
  • -genの部分は フランス語―gène、これはギリシャ語―genēs 「生まれた,産出された」からで、ラテン語 genus「親類(KIN)」と同じルート

とのこと。水素の名前はラボアジェがhydrogèneと名付けたとありました(ランダムハウスとウィキペディア)。

フランス人だからこれはフランス語ですね。最後にeがあるけど男性名詞です。

hydrogen自体はギリシャ語じゃなから、-o-はなくてもいいってことで、通常はhydrogensulfate なのでしょうか。

 

ウィキペディアのIUPAC命名法によると、

「塩の名称は塩を構成する陽イオンの名前をギリシア語数詞とともに置き、陰イオンをギリシア語数詞とともに置くことで得られる。日本語の場合は酸の場合は酸の名称の次に陽イオンの名前を置き、そうでない場合は(陰イオン名)化(陽イオン名)で命名できる。」

 

基本は hydrogen sulfate 、硫酸水素塩または水素化硫酸塩(あまり聞かないけど、重水素化硫酸塩というのはあるんですね)となるってことだと理解しました。
ただ、hydrogenosulfate でネット検索すると、いくつもヒットしますね。英語以外のサイトも多そう。とりあえずは、つなぎの -o- が使われたと理解しておくことにします。
命名法を追っかけてもしょうがないと思いつつ、調べついでに厚労省、経産省、環境省が出している新規化学物質の命名に関する書類が目についたので記録します。
塩、エステルの命名について。
 有機化合物 → 字訳、つまり英語のカタカナ表記
 無機化合物 → 翻訳
字訳、という言葉が使われるのは知りませんでした。

 

あなたの名前は」への3件のフィードバック

  1. 管理人

    どこからの引用が不明ですが

    文字化けなのでは。

    他の箇所との比較、前後の流れから

    推測してもらうのが一番かと。

  2. philo-physics mama

    落ち着いて考えれば、他の部分では化学式表記なので、それで判断したらいいのですよね。

    non-nativeの英文(特許ではないです)なので、こういうこともあるのだと思っています。

  3. 管理人

    >落ち着いて考えれば、他の部分では化学式表記なので、それで判断したらいいのですよね。

    そういうことですね。(^_^;

    そういう意味では、化学系特許明細書の原文のゴミ取りには

    英語力だけでは立ち向かえ無いということになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です