あなたの名前は

標準

hydrogenosulfate って、手持ちの辞書にない…

「硫酸水素塩」hydrogen sulfate または hydrogensulfate のことだととらえて良さそうなのですが。

以前調べた、つなぎの「-o-」が入ってる感じかな?

 

つなぎの「-o-」は

  • 本来ギリシャ語合成語の連結辞であったが、今では広く科学用語その他に用いる(研究社大辞典)

ということでした。

 

hydrogen-o- となっているものを探してみたら、研究社『新英和大辞典 第6版』の hydrogenolysis の項には

〖⦅1931⦆ ՟ HYDROGEN+―O―+―LYSIS〗

という説明書きがありました。

 

さて、hydrogenの部分ですが、小学館『ランダムハウス英和大辞典(第2版)』によると、

  • hydro-の部分はギリシャ語 hỳdōr 水 から、
  • -genの部分は フランス語―gène、これはギリシャ語―genēs 「生まれた,産出された」からで、ラテン語 genus「親類(KIN)」と同じルート

とのこと。水素の名前はラボアジェがhydrogèneと名付けたとありました(ランダムハウスとウィキペディア)。

フランス人だからこれはフランス語ですね。最後にeがあるけど男性名詞です。

hydrogen自体はギリシャ語じゃなから、-o-はなくてもいいってことで、通常はhydrogensulfate なのでしょうか。

 

ウィキペディアのIUPAC命名法によると、

「塩の名称は塩を構成する陽イオンの名前をギリシア語数詞とともに置き、陰イオンをギリシア語数詞とともに置くことで得られる。日本語の場合は酸の場合は酸の名称の次に陽イオンの名前を置き、そうでない場合は(陰イオン名)化(陽イオン名)で命名できる。」

 

基本は hydrogen sulfate 、硫酸水素塩または水素化硫酸塩(あまり聞かないけど、重水素化硫酸塩というのはあるんですね)となるってことだと理解しました。
ただ、hydrogenosulfate でネット検索すると、いくつもヒットしますね。英語以外のサイトも多そう。とりあえずは、つなぎの -o- が使われたと理解しておくことにします。
命名法を追っかけてもしょうがないと思いつつ、調べついでに厚労省、経産省、環境省が出している新規化学物質の命名に関する書類が目についたので記録します。
塩、エステルの命名について。
 有機化合物 → 字訳、つまり英語のカタカナ表記
 無機化合物 → 翻訳
字訳、という言葉が使われるのは知りませんでした。

 

かわいいもの

標準

昨日の日経新聞夕刊に「電子工作 乙女心動かす」という記事がありました。

IC、センサー、LEDなどを使った電子工作をする女性が増えており、そんな女性をターゲットにした電子工作教室も開かれているとのこと。

用途はこどものおもちゃの他「他にない形がかわいいから」とパーツを並べてアクセサリーにしたりするそうです。

考えてみれば、工場ではんだ付け作業する女性は前からいますし、細かい作業は女性向きかもしれません。電子回路にも興味を持つ人が増えるといいですね。

 

かわいいといえば、今勉強している化学で、無限希釈におけるモル電気伝導率というのがでてきたのですが、この記号 Λ (ラムダ)、手書きでノートに書いてみたら、

 

「リボンをつけたラムダちゃん♪」

 

に見えて、ちょっとかわいいな、と思ってしまいました。

 

内容はごつくて苦労しておりますが(4冊くらいの本とネットとを行ったり来たりしながらみてます)、このラムダちゃんと仲良くなれるように頑張ろうと思います。

すぐに理解できる訳はないので、折れないよう諦めないよう、お楽しみを見つけながら、こつこつやっていきます。

物理と化学

標準

最近、必要に迫られて化学を勉強しているのですが、物理と化学は違うな、と思います。

物理学者の緻密な理論構築を見ると頭の作りが違うよなあと思うんですが、化学者の実験の積み重ねで作り上げる理論もすごいですね。

言葉の問題だけじゃなくて、アプローチが違うんですね。文化の違いみたいなものを感じます。

 

もちろん共通点もあるので、そういう部分をとっかかりにして、比較して、疑問点を洗い出し、それを解決すべく調べていくわけですが。

 

教科書だけ見てても疑問がでてこない私には、こうやって実ジョブ(あいかわらず特許じゃないですが)が与えられるのがいい勉強の機会にもなります。

 

こんなこと言うから、家族に「仕事っていうけど、その『調べ物』は趣味でしょ」と言われるんですよね。いえいえ、仕事でもあるので、ある程度やったらちゃんと翻訳に戻りますよ〜。

岩石

標準

気休めに鉱物の写真を見るのが好きです。といっても、ちゃんとした図鑑ではなく、こども向けの本と入門書くらいですが。

大きな書店では、沢山の鉱物の本がありました。キャラクター図鑑もあるんですね。写真がないのは残念ですが(鉱物の魅力はそのものの美しさだと思うので)、それでもなじみを持つにがいいかもしれません。

それはさておき、先日、サイエンス・アイ新書シリーズの「鉱物と宝石の魅力」という本を近所の本屋さんで見つけて、購入しました。

この本は鉱物科学の専門家と結晶化学の専門家の共著で、結晶構造の説明に数ページが費やされています。確かに、同じ元素でも結晶構造が違うと違う鉱物になるので(典型例はダイヤモンドと石墨)そこは説明が必要ですね。

また、色と電子の関係についても記述がありました。可視光と鉱物に含まれる元素内の電子との相互作用の有無によって、色がついて見えたり無色だったりするわけです。

電子はいろいろなところで大事な働きをしているのですね。電子の挙動で様々な現象が説明できるなんて、本当にすごい。

半導体の製造では、綺麗に結晶を生成すべく様々な工夫を凝らした装置を使うわけですが、地球の地面の下では長い年月はかかるものの、それが自然に出来ているんですよね。

逆に言えば、人間はそんな過程を短時間で再現しようと挑戦を続けているわけです。それもすごいなあ、としみじみ思う昨今です。

Podcast

標準

以前は英語勉強に使うのに、Science Friday、6 Minute English 、Grammar Girl 、The Infinite Monkey Cage などを良く聞いていたポッドキャスト。

ですが、最近は日本語のを良く聞いています。

さかのぼって昔のから聞いていると、だんだん話者が上手になっているのが分かります。

最近見つけたのは、 DLS Podcast。オーストラリア在住のダンサー専門のセラピストさんが配信するポッドキャストです。

始まった当初の番組は棒読みだったのが、程なく、すごくなめらかな、プロフェッショナルな雰囲気の番組になっていました。

ダンサーたちの助けになりたい。もっとこうしたらいいという方法があるんだから、それを伝えたい。テクニックだけじゃなく、体の構造から考えた無理のない使い方。学業と両立するための時間の使い方、捻出の仕方。何のために踊るのか、メンタルの持ち方。

踊りに対する熱い思いが、伝える、ということと結びついて、魅力的な番組を作り出しているな、と思いました。

知識をあふれんばかりに持っていらっしゃる、ということもあるのでしょうが、それでも上手にできるから始めたんじゃなくて、

 

「やってるからスムーズにできるようになる。」

 

継続、継続、ですね。